コラム /column
コラム
column

バック

第3回オカマって呼ばれたくないなら。

2015年12月29日
Newhalf
当事者が自分の事を『オカマ』って呼ぶ心理って本当は言われたくないから布石を打つ感覚・・・
言われても傷付かない為に言ったんだけど他人には『な~んだ言ってもいいんだ。』って逆に思わせてしまってる感じ。
多分こんなことだろうって思ってましたが、最近違う気がしてきました。
『オカマ』がいけないのではないのです。
『オカマ』という単語のもつ違和感では全くないと思います。
その言葉を言う時の気持ち?心?印象なのではないでしょうか?
私は日頃から周りの仲間に言い続けていることがあります。
「己の立場や職業を高めるも卑しいものにするのも己次第」
日頃の己の生き方や他人への接し方、世の中が受けるイメージを考えられるかどうかによって世の中からのイメージは変わるものです。
 
女郎より花魁。見世物よりショービジネス。。。etc
ものには必ず陰と陽があると思います。
 
会った事もない方とお金という利害で身体を提供する売春だって、好みの女性と交わる事など望めない方達にとっては、考えを変えたらお金さえ払えば抱けるという何とも有り難い事かなのかも知れない。
その上、お互いその場限りで私生活には関わってこないのだからお金を払う側も身体を提供する側もルールやマナーを守ればこれ程有難い事はないであろう・・・
売る側にとっても同じである。
インターネット、世の中のルールや法律も全て物は使いようであり、陰と陽に分かれると思います。
 
どの世界も良いイメージを大切にする。
決められた事やマナーやルールをしっかり守る。
親切で誠意ある対応が出来ていれば単語の持つイメージも変わり言われる側もその呼ばれ方に誇りさえ持てるのではないだろうか?
 
他人に迷惑をかけたり不快にしない。これって大切ですよね。
今でも動画サイトを検索したら見れる恥ずかしい動画がある。
その番組は生放送で有名大物芸人さんとニューハーフ達のやり取りの中での出来事。
 
NH1:『私は今日言いたい事があって出演しました。』
 
と始まり、世の中には沢山の放送禁止用語や差別用語があるのに何故「オカマ」って言うのか、この言い方を無くして欲しいと訴えるのだが、生放送という事を知っててそのNH1は放送禁止だと知った上でその単語を連呼した。
なすすべも言葉もなくオロオロする芸人さん達。
そこに余計は出来事が起きた・・・
 
NH2:『そうよ!そうよ!』
 
そうよじゃねーよ!!
 
そうやって自分の言いたい事や主張だけを重んじて相手の立場や状況を全く考えないその言動が私達を愚かな者のイメージとして「オカマ」って言われるんだよ!!
という気持ちで恥ずかしくなった。
 
NH1は同じ事を何度か言ってるが、困った様子の芸人達を気にもせず、NH2はチューブトップのドレスを下げおっぱいを出して ペロンペロンと自分でなでた。
 
全くトホホなオカマである。
一部のこの様な人のせいでイメージは崩れていくのである。
一般や普通と呼ばれる人と違うマイノリティーは尚更他人に気を遣う意識を持たないことには良いイメージにはならない。
他人に自分の主張を訴えるなら、他人や世間に認められる様な言動って何かを考えてみては?
相手の立場や迷惑も考えられる気遣いが有ってこそ人はイメージを良くしてくれるのではないでしょうか?