コラム /column
コラム
column

バック

第4回●ニューハーフと性同一性障害●

2015年11月03日
Newhalf

今回はニューハーフと性同一性障害について考えてみます。

男性が女性の格好をしたり、女性として生きる事を選んだりする事を全てまとめてニューハーフって訳ではない。

何時頃だっただろうか突然世の中に『性同一性障害』という言葉が特にネットで目立つようになった。

当初は、私を含め私の周りの多くのニューハーフ達は、『私達は病気ではない!』とか『私は性同一性障害ではない、好きで、選んで女になるんだ!』とか勝手に病気にされたり、病名を付けられる事に怒ってる人が多かった。

それに、性同一性障害と自身で思い自覚している人達とは違うと思ってました。

見た目が伴わないものは認めない偏見が私達ニューハーフにはあった気がします。

私達がされてきた偏見を今度は私達がやる側になってました。

事実、『性同一性障害』にも様々な形が有り理解出来ない事が有ったからです。

例えば、私達は男性を恋愛や性の対象にするのが当たり前だって思ってますが、『性同一性障害』の方には女性が好きで女性を恋愛対象と考え自分が女性として女性を愛したいっていう形?

意味がわからなかった。

それって普通に男性が女性を愛してるだけでは?

この事に関しては今でも理解が出来てないのが現状である。

でも、考えてみたら私達も一般の方達には理解出来ない恋愛や生き方をしている事を棚に上げている事に気がつきました。

私は理解も応援もして要らないので邪魔もしないでっていう気持ちで世間と関わってきたように思います。

そんな私達が納得いかない、意味が解らない事が理由で偏見的な見方をするのは違う事に気がついました。

人には巷で言われる[あるある]が存在する。

例)➀禁煙をした方は元々タバコを吸わない人より喫煙者に厳しいあるある。

例)②泥棒は自分の物が取られると異常に怒るあるある。

己が苦しんだ事を今度はやる側になろうとしている愚かさ知りました。

『性同一性障害』の定義ももっと具体的に分ける必要があると考えます。

自己申告で誰でも『性同一性障害』は違うと思います。

ニューハーフという職業も何を基準に分けるのだろう。

私達当事者でも最近分かり辛くなってます。

多分、それぞれが其々の基準でしかないように感じます。

恋愛対象は男性、将来は性転換手術も視野に入れてますが、今現在お金もなく、髪も伸ばし始めたばかりの子はニューハーフ?

ホルモン治療を始めたらニューハーフ?

豊胸手術や整形手術をしたらニューハーフ?

これら全ては、その気になったら誰でも出来る事です。

最近は趣味の女装から始めて性転換までやってしまう方も少なくありません。

男性で生まれて女性を恋愛対象とし、自分も女としてレズビアンになりたいって方も『性同一性障害』だという。

男性も女性も恋愛対象にするバイセクシャルこれも、レズビアンになりたい方達も私には単なる性癖にしか感じません。

同性愛者の中にも生まれもった性で同性を愛したいホモやレズ。

生まれ持った性に違和感を感じ別の性として愛し愛されたいと思う形。

色んな形があるが、この形と性癖の違いまでもが混乱してる状態に感じます。

何の基準もないので決められないのが現状ですが、最近ふと感じるのは形ではなく感性だったり感覚だったりではないか?

と言うより、それでしか解りかねるっていう方が正解なのかも?

見た目の綺麗、可愛いは別として、話をしててこれ違うって感じたりする事があります。

当事者の我々にも訳のわからない事になってる。

結局、同じ感覚同じ感性同士がフィーリングで認め合ってるとしか言い切れない。

最近は、男の娘(おとこのこ)というカテゴリーまで出てきて何が何やら益々わからなくなっている。

感覚では分かるが口や文章にできないって状況って分かってないの?

今の私の思いはお互い迷惑をかけずに自分のテリトリー内で楽しく生きてくださいとしか言い様がない。

多分、この件については後数年後に何らかの形で分かれがはっきりする日が来るのだろうか?

難しい・・・